アレルギー対策で処分が決定

土曜日、友達の家に遊びに行っていた次男が、大勢の子を連れて我が家へ移動してきました。初めて遊びに来た子もチラホラ。

一時間ほど遊んで帰り際、一人の子の目が赤く、顔をしきりにこすっています。
「もしかして、猫アレルギー?」
「そうです。」
おいおい、わかっているなら気を付けなさいよ!
しかも、我が家へ来る前に遊ばせてもらっていたお宅にも猫がいます。

ところが、そのお宅ではあまり気にならなかったとのこと。
猫の数も違うだろうけれど、やはり子供部屋に敷いてあるカーペットの影響が大きいのかもしれません。寝転んで遊んでいましたし。

f:id:amocho:20171002115416j:plain

またいつ猫アレルギー持ちの子が我が家に来るかわからない、中には自覚していない子もあるかもしれない、と夫に相談(というか、一方的に宣言)して、カーペットを処分することにしました。

実はこのカーペット、掃除が面倒でずっと処分したかったのですが、家族から反対されていたもの。

お友だちには大変申し訳ないことをしましたが、おかげで処分することができそうです。


と、散々他所の子のことばかり言ってきましたが、私も長男も次男も猫アレルギー持ちです。




f:id:amocho:20171002120420j:plain




いつも応援ありがとうございます。
今日もおおちゃんの鼻を押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ