次男、そろばん検定に落ちる

f:id:amocho:20170630151901j:plain
(リビング模様替え後の次男スペース)


日曜に行われたそろばんの検定。次男は3級を受けました。

昨日結果発表があったのですが、結果は否。あと一問というところで落ちてしまいました。

毎日の練習では文句なしの点数をとっていたので、普段通りにできれば…と思っていたのですが、本番はやはり緊張してしまったようです。

結果を聞いた帰りの車の中で、次男は号泣。家に帰っても「落ちちゃった」「もうそろばんなんかやめたい」と、しばらく泣いていました。

長男は勉強で困ったことはなく、おっちょこちょいでだらしないところはありますが、地頭が良いタイプ。努力しなくても、何となくいい方向にいってしまう人です。

それに比べて次男は、勉強が苦手で不器用で、人の何倍もかけて、やっとできるようになるタイプ。
5年生で3級というのも、まわりと比べてあまり進みが早い方ではありません(1年生の夏から通っています)。

そんないつもはのんびりおっとりの次男が、泣いて辛がり悔しがる。結果は残念でしたが、その負けん気を見られたことが私としてはうれしかったです。

一通り泣いたあと、「そろばん頑張って、次は合格したい」と、頼もしい言葉を聞かせてくれました。

人一倍時間はかかるけれど、着実にできるようになる次男。まわりと比べることなく、次男のペースで一つ一つクリアしていけるようにこれからも見守っていこうと思います。



f:id:amocho:20170630104206j:plain




読んでいただきありがとうございます。
今日もおおちゃんの鼻を押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ